« コンディショニング | メイン | 癖の改善 »
体重移動

スイング時に、股関節を上手く使えることで
腰の余分な回転を抑え、前傾姿勢を保った
ままのスイングが可能になります。

前回もご紹介したのですが、体重移動の際に
つま先に体重をかけることで、膝関節に力が
入り、股関節を上手く働かせる事が出来ません。
まずは、下半身をしっかり脱力させるために
骨で立っているイメージ、内踝直下に体重が
かかるような姿勢で立つ事が、股関節を
上手く働かせるポイントになります。

今日は生徒の中妻君に、股関節コントロールを
意識してスイングを行ってもらいました。

IMG_5105.jpgIMG_5104.jpg

日時: 2012年02月13日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/1354
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)