« 気温3度の中 | メイン | コンディショニング »
股関節

股関節を上手く使えることで
下半身から上半身へ上手く力を
伝えることが出来ます。

スイング時の体重移動を行う際、股関節に
体重が乗り過ぎている場面をよく目にします。
股関節に乗りすぎる事で腰の回転動作が
大きくなり、片足の小指側に体重がかかって
しまう為、下半身を踏ん張ってしまう状態
になってしまいます。

股関節を上手く使えている状態では
力が常に足の裏「内踝」に乗って
内転筋やハムストリングスの伸展を使えている状態で
コントロールを行わないといけません。

今日は、トレーニング時に村上プロに
四股の動作で股関節の確認をしてもらい
スイングにつなげてもらいました。

IMG_5059.jpgIMG_5058.jpg


日時: 2012年02月07日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/1351
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)