« 2012年01月 | メイン| 2012年03月 »

感覚

先日、ある生徒が鏡に向かいながら
30分ほど自分のスイング確認を行って
いる姿をみて思わず
「鏡で自分のフォームを確認するより
実際に球を打って感覚(打感)をつかんだ
方が早く修正できるよ」とアドバイスしました。
鏡でフォームの確認をしても
目で動作を見ながら確認をするので、動作に
遅れが出てしまい「頭で考えながら動作を行ってしまう」
ため、いつまでおこなっていても
自分の理想としている「動作」に近づける
ことは出来ません。

どのスポーツにおいても言えることですが
動きの中で良い「感覚」
ゴルフでは打感と言いましょうか
をつかむ事が、練習で求めていかなければ
いけない部分ではないでしょうか。
フォーム確認に重点を置くのでは無く
感覚をつかみ、良い動きを「考える」のでは無く
「イメージ」しながら「感覚」を磨き
自分の理想の動きを求めていきましょう。
IMG_5130.jpg

日時: 2012年02月24日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
習得

だいぶ寒さも和らいできたような気がします。
少し気温が上がるだけで、体が良く動いて
きますね~。

生徒の打球練習を見ていても、上半身の
力が抜けていて振りぬけているように
みえます。

さて、今日も週に1度のケアの授業で
コンディショニングを行いました。

今日もパートナーでお互いの体の
チェックを行い、上半身からケアを
行い、肩甲骨の高さをチェックして
左右肩回りの緊張を確認した後
筋肉を緩めていきました。

よく練習している影響でしょうか
皆さん疲労が蓄積していましたね~。

IMG_5117.jpgIMG_5114.jpg


日時: 2012年02月22日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
癖の改善

一週間溜まった疲れを回復させるために
今日もコンディショニングの授業で
生徒同士がパートナーになり、お互いの体の
チェックとコンディショニングを行いました。

今日は、上半身を中心に行い、左右の
肩甲骨の位置をチェックし、肩の緊張を緩めて
改善していきました。

コンディショニング本来の目的は、不具合のある箇所
を改善する事も重要ですが、不具合が起きている原因
「動作の癖」を生徒自身が認識し、それを
トレーニングや、スキル練習で改善していく事までが
コンディショニング本来の目的と思います。

その場だけの対処方法では無く、今後につなげる
ためにも、自分自身の癖をしっかり改善していく事で
安定した技術を身につけることができます。

IMG_5107.jpgIMG_5110.jpg

日時: 2012年02月15日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
体重移動

スイング時に、股関節を上手く使えることで
腰の余分な回転を抑え、前傾姿勢を保った
ままのスイングが可能になります。

前回もご紹介したのですが、体重移動の際に
つま先に体重をかけることで、膝関節に力が
入り、股関節を上手く働かせる事が出来ません。
まずは、下半身をしっかり脱力させるために
骨で立っているイメージ、内踝直下に体重が
かかるような姿勢で立つ事が、股関節を
上手く働かせるポイントになります。

今日は生徒の中妻君に、股関節コントロールを
意識してスイングを行ってもらいました。

IMG_5105.jpgIMG_5104.jpg

日時: 2012年02月13日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
コンディショニング

昨年から、週に1度行っている
コンディショニングの授業では
生徒が自分自身でケアを行う
セルフケアと2人組みで行う
パートナーケアで各自のコンディショニング
を行っています。

各自が体のチェックを行い、不具合のある箇所を
チェックしてスイング時の癖を改善に
つなげています。

最近では、生徒同士で、骨盤の歪みの矯正なども
行えるくらいコンディショニングのテクニック
を習得出来るようになり、体の事を理解しながら
スキルを高めて練習に励んでいます。
IMG_5075.jpgIMG_5078.jpg
IMG_5082.jpgIMG_5083.jpg


日時: 2012年02月09日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
股関節

股関節を上手く使えることで
下半身から上半身へ上手く力を
伝えることが出来ます。

スイング時の体重移動を行う際、股関節に
体重が乗り過ぎている場面をよく目にします。
股関節に乗りすぎる事で腰の回転動作が
大きくなり、片足の小指側に体重がかかって
しまう為、下半身を踏ん張ってしまう状態
になってしまいます。

股関節を上手く使えている状態では
力が常に足の裏「内踝」に乗って
内転筋やハムストリングスの伸展を使えている状態で
コントロールを行わないといけません。

今日は、トレーニング時に村上プロに
四股の動作で股関節の確認をしてもらい
スイングにつなげてもらいました。

IMG_5059.jpgIMG_5058.jpg


日時: 2012年02月07日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
気温3度の中

ここ数日寒い日が続いていましたが
今朝、車の温度計を見ると0度と
非常に寒さの厳しい1日の始まり
となりました。

寒さにも負けず朝から、生徒の皆さんと
ジムでトレーニングを開始ですが…
ジム室内の気温3度、バーベルやダンベル
の鉄の温度は手が硬直するくらい
冷えており、手袋を使用しないと
トレーニングにならない状態でした。

寒くなると肩 首などに違和感を抱えた
生徒が出てきましたね~
どうしても寒さで筋肉が緊張してしまい
特に背中が硬くなりやすく、上体の
力を使ってスイングをする事でこのような
症状になりやすく、ま~暖かい場所で行う
のが本当は良いのですが、状態の緊張を
ほぐす為に、胸椎の動きを中心にトレーニング
を進めていきました。

こんな時は沖縄辺りでキャンプ…
なんか出来たら最高ですね!!
IMG_5066.jpgIMG_5067.jpg


日時: 2012年02月02日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
CW-X

ランニング用で以前から欲しいと思っていた
ワコールのCW-Xのロングスパッツを
先日ついに購入しました。

先週のランニング時から使用しているの
ですが、いや~非常に優れものですねー
足が自然に前に出て走行出来るので
足に無駄な力を使わないで走る事が
出来ます。

足に負担がかからない分
走り終えた後も体が軽く感じられます。
あんまりこのアイテムに頼りすぎることも
どうかと思いますが、寒さの影響も
あり当分はランニング時の必需品に
なりそうです(笑)


IMG_5073.jpg

日時: 2012年02月01日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif