« 2011年04月 | メイン| 2011年06月 »

解剖

最近、書店で色々な分野の本を
読みあさっているのですが
この前購入した本が
体の解剖をとても分かりやすく
書いた本で、解剖学の本でも
専門家向けの本は、なかなか一般人
には難しく書かれていますが
この本は、非常にわかりやすく
また、神経や脈まで細かく書いてあり
1冊でかなりの体に対する知識が
つくのではと思います。

体の中がどのようになっているのか
というのを知るには、この本を
お勧めします。

IMG_4275.jpg

日時: 2011年05月27日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
愛用

トレーナーの仕事をしていると
自分の体のメンテナンスをしっかり
行っていないと、クライアントに
良い物を提供出来ません。

トレーニングで自分の体を実験台にして
結果を探求するのも重要ですが
体のケアもそれと同時に必要に
なります。

私自身、毎日寝る前に自宅でコンディショニング
調整のために愛用しているストレッチポール
は、体のバランスを整え、関節に動きをつける
アイテムとして活用しています。
なかなかの良い値段ですが
家に一つあると便利な物ですね~。
IMG_4274.jpg

日時: 2011年05月22日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
メンタルトレーニング

精神面「メンタル」のトレーニングを行う時に
その方法として人それぞれ違った方法で
行いますが、私自身、学生時代ラグビーを
行っていると時に監督から教わった
メンタルトレーニングは「毎日死ぬ気で練習をやれ」と
メンタルトレーニングというよりも、根性論的な方が
強かったのでは(笑)

ここ数年、メンタル強化を自分なりに考え
日常生活から自分を変えて行く事が
自分自身のメンタルを強化させる為に
一番必要なことではないかと思いました。

何も特別なことは行わず、平凡な日常生活の中で
自分に厳しく接することを継続させることが
難しいのではないのでしょうか。
そこの部分を突き詰めていくことで、今自分が行っている
分野に生きてくるのかと思います。

自分に厳しく接すると言われても、どう厳しく
接したら良いのかという訳ですが
私が読んだ本の中で「論語」に書かれていた
欲望に振り回されない生き方
中国古代の思想家孔子とその弟子によって
書かれたもので、人間とはどうあるべきか
というような内容なのですが、どの分野においても
置き換えることの出来るメンタルトレーニング方法
ではないかと思います。

私自身、この1冊の本には非常に感銘
を受け、日々実践しているのですが、なかなか
自分に厳しくすることはむずかしいですね~。

興味のある方は一度読んでみてはと思います。
IMG_4273.jpg


日時: 2011年05月20日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
刺激

先週行われた、日本プロゴルフ選手権に
熊谷プロが出場。

2日目13位と予選を突破し、健闘いたしました。
プロのキャディーに同行した中山君は
初めてのツアー経験ということで、試合後
少し興奮気味で感想を語り
3日目に池田勇太選手と一緒に回ったことについて
プレーはともかく、池田選手の人間性に
惹かれ、「ファン」になりましたと
嬉しそうに話してくれました。

彼にとってとても良い刺激になった
ようで、近い将来この舞台で
戦う日が来ることを期待しています。

IMG_4262.jpgIMG_4266.jpg
IMG_4270.jpgIMG_4272.jpg


日時: 2011年05月16日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
体作りの重要性

4月に入学してから1ヶ月が過ぎ
徐々に、ゴルフ漬けの生活にも慣れて
きました。

トレーニングでは、まず基礎トレーニングを
中心に体を作っていき、今現在の体重より
5キロ増を狙って、サイズを大きくすること
をテーマにメニューを進めています。

体が資本ですので、技術の向上より
まずは、厳しい練習に耐えることの出来る
体を作り、怪我を予防することが
重要ですね~。

トレーニング後はプロテインを摂取し
食事も1日5食摂って、サイズアップ
を進めています。

今後の飛躍を期待したいですね~。

IMG_4224.jpgIMG_4229.jpg
IMG_4250.jpgIMG_4257.jpg


日時: 2011年05月13日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
休日明け

ゴールデンウィークも明け
今日から新しいトレーニングメニュー
を開始しました。

今回のメニューは
力みの無い力の伝え方
をテーマにプログラム構成を行い
体を軟らかく使い、力に頼らない
動きで、ウエイトコントロールすることを
目的にしています。

シンプルな動作から意識を変えていくことの
積み重ねが、プレーに生かすことの出来る
体作りになり、より良い結果につながります。

IMG_4103.jpgIMG_4105.jpg

日時: 2011年05月08日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif