« アースマラソン | メイン | サッカーとお正月の貯蓄 »
修正

今日は生徒の山本さんと、スイング時において
肩が前方に出るのを防ぐため、ケーブルを
使って、ローイングのトレーニングを行いました。

片手でケーブルを引く際に、可動させる
箇所「ここでは肩甲骨」に動きをつけて
停止させる箇所は動作中には動かさない
ように、肩甲骨の可動域を広げていきました。

肩甲骨に限らず、動作を起こす時には
全身をただ大きく動かすのでは無く
可動する箇所と、可動させない箇所を抑えておく
ことで、スイング時における、肩の突っ込みや
体の開きといった、力が逃げてしまう
動作を修正することが出来ます。

IMG_3865.jpgIMG_3866.jpg
IMG_3854.jpgIMG_3857.jpg


日時: 2011年01月20日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/1199
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)