« ラニーニャ現象 | メイン | ルーティング »
パワーの源

安定したスイング、また飛距離をアップ
させるのに、大殿筋(お尻の筋肉)は
非常に重要な役割を果たします。

大殿筋は下半身からの力を
上半身に伝える、また上半身の
姿勢を保持させる役割を果たし
大殿筋を働かせることで
下半身からの力を上半身に
つなげ、前傾姿勢を保持させながら
スイングが行えるため、安定した
フォーム作りには欠かせません。

今日は、打席で行える簡単な
お尻のトレーニングをご紹介して
います。
「上写真」のトレーニングでは
片足を椅子の上に乗せて、上半身を少し
前傾にさせた状態で、股関節からお尻を
膝のラインまで落としていき、戻して行く時には
膝ラインより少し高めの位置にお尻を
戻します。(膝が前方に出ないように曲げていく)

お尻に負荷がかかっているか
手で押えながら動作を行うことで、意識
をしやすくなります。
「下写真」の方はバランスディスクを使い
足場を不安定にして、先程と同じ動作を行って
います。
足場を不安定にしているため、後ろ足は椅子に
乗せず、地面についたまま行います。
このトレーニングはお尻が働いている
感覚がつかみやすいので、スイングスキル
向上のためにも、一度試してみては
いかがでしょうか。
o4IMG_3449.jpgo4IMG_3450.jpg
o4IMG_3445.jpgo4IMG_3446.jpg

日時: 2010年10月29日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/1156
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)