« 撮影 | メイン | 大腰筋 »
チェック

スイング時において、両足のどちらか
に膝の開きが大きく出ている場合
一度足を伸ばして座り、両足つま先の
開き具合をチェックして見ましょう。

写真で紹介しているチェック方法で
右のつま先が明らかに左に比べて
開いています。
これは、股関節回りの筋肉が緊張している
ため、その影響で、股関節が外側に引っ張られて
しまい、このように膝の開きが見られます。

股関節周辺にある筋肉の緊張が強くなることで
スイングを行ったときに、前傾姿勢を保つことが
出来無くなり、上体が開いて、上手く力を
ボールに伝えることが出来ません。

この状態を解消する為にも
日頃から股関節周辺の筋肉に動きをつける
トレーニングは欠かせなくなってきます。
膝の開きを解消することで、安定した
プレーを継続させることが可能になります。

o4IMG_3364.jpgo4IMG_3369.jpg

日時: 2010年10月08日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/1146
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)