« 2010年06月 | メイン| 2010年08月 »

確認

左右同じ用に体重を乗せる為に
片足ずつのワイドスクワットを行い
内ももの負荷のかかり方を
確認し、両足とも同じように
負荷がかかっているかを確認
してもらいました。

片方ずつ行う時には、段差をつけて
その上に片足を乗せて行うことで、両足で
行う時よりも、片方に負荷がかかってきます。

体重を乗せやすい方は、ワイドスクワット
を行った時に、しっかり内ももに負荷が
かかるのですが、乗りにくい方の足は
腰を落としていくと、膝が内方向に出てしまい
膝の方に負荷がかかってしまいます。

体重を乗せにくい方の足のトレーニング
を行う時には、膝が左右に動かないことを
意識してしっかり、内ももに負荷がかかるように
フォームをチェックすると、スイングに置いても
体重移動をスムーズに行うことが出来ます。

o4IMG_2865.jpgo4IMG_2872.jpg


日時: 2010年07月30日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
土用の日

暑い日が続く中、皆さんは昨日「土用の日」
にうなぎを召し上がりましたか?

生徒の皆さんの反応は、鰻を食べた人は
少数でしたが、食べたいという人が
ほとんどでしたので、また機会を設けて
食べに行きたいと思います。

さて、今日は曇りということもあり、外での
トレーニングでしたが、先週の猛暑日と
比べてとても、動きやすい気温でランニング&ラダー
を行いました。

色々な動作の中で、股関節に体重を乗せる
イメージを持ちながら、切り替えし動作を
行い、体の軸を意識して種目をこなして
いきました。

毎週これくらいの気温でトレーニングが
行えたら良いのですが。
鰻を食べて暑い夏を乗り切りましょう!!
o4IMG_2844.jpgo4IMG_2845.jpg
o4IMG_2846.jpgo4IMG_2850.jpg
o4IMG_2853.jpgo4IMG_2860.jpg

日時: 2010年07月24日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
骨格コントロール

腰の柔軟性をつけるために
下腹部のトレーニング「写真下」
の動作時に置いて、腹筋に力を入れる
意識では無く、腰部を丸めるイメージで
体幹のトレーニングを行ってもらいました。

どのスポーツに置いても体幹が重要性で
あることは言われていますが
体幹を強化を目的とするのではなく
動きの少ない腰部に動きをつけることを
主体にして体幹のトレーニングを行う
ことで、実際競技を行う際にも
使えるようになります。

ただ体幹を強化することだけに
意識を置いてしまうことは、動き
を連動させた時に、腰部に緊張が表れ
力みの原因にもなってしまいます。
写真下は一例ですが、、トレーニング
また、スキル動作の際には
筋肉の意識では無く
各関節の動きをイメージして、骨格でコントロール
することが、力みが無く効率の良い
動きを生み出します。

o4IMG_2840.jpgo4IMG_2841.jpg

日時: 2010年07月23日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
猛暑の中

先週の梅雨明けと共に
連日30度越えの猛暑日が続いています。
今年は冷夏と言われていましたが
全くそのようなことを感じさせないくらい
きつい日差しです。

今日も朝から厳しい日差しの中
ランニングメニューを行いました。
気温が高い為、前半にラダーを行い
その後、室内と河川敷に別れて
5キロの走りこみを行いました。

私は外ランニングに参加したのですが
体力よりもこの暑さにやられてしまいましたね~。
今年の夏は例年よりも、厳しい暑さになりそうなので
体調管理をしっかり行わないといけません。

o4IMG_2827.jpgo4IMG_2829.jpg
o4IMG_2834.jpgo4IMG_2835.jpg


日時: 2010年07月20日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
姿勢と動作確認

今日は、生徒の中西君の
アドレスと股関節の動きを確認
しました。

中西君は腰が硬く、アドレスをとった時に
腰のカーブ写真左「腰が反っている状態」が
きつく、腰に負担のかかる姿勢をとっています。

見た目には良い姿勢に見えるのですが
写真右のように、上半身をリラックスさせた状態
が腰に負担がかかることなく、良い姿勢と言えます。

姿勢のチェック後、股関節の動きを確認し、膝が外に
逃げる「写真下左」のを修正して、股関節にしっかり
体重を乗せる動作確認を行いました。

トレーニングで意識している事でも、その動作を
プレーで生かせるようになるためには、このように
日々の動作確認をする作業が重要になります。

s-IMG_2822.jpgs-IMG_2823.jpg
s-IMG_2818.jpgs-IMG_2819.jpg

日時: 2010年07月15日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
梅雨末期

先週末から今週にかけて毎日雨
の降る日が続いています。
これだけ雨の日が続いているせいか
体がだるいような、ま~雨だけに限らず
湿度もかなり高いので、それのせい
なのかもしれないですね~。

今日は外が大雨の為、ランニングメニューは
室内で行い、室温が高かったため、メニュー前半に
ラダーを行い、後半にランニングを行いました。

いつもの5キロ走では無く、3キロ走を行い
スピードのレベルが同じくらいの人とペアになり
3キロをハイペースで走り切りました。
フィジカル メンタル面の両方の向上を求め
常に競り合うことが、自分自身の成長に
つながります。

メニュー終了後は、全員汗だくになり
自分を含め、疲れ切った様子でした。
s-IMG_2800.jpgs-IMG_2810.jpg
s-IMG_2815.jpgs-IMG_2816.jpg


日時: 2010年07月13日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
コンディショニング

今日は、午後のコンディショニング授業後
試合続きの村上プロのコンディショニングチェック
を行いました。

試合が続いたのもあり、腰周りから肩の方まで疲労
していて、20分くらいのボディーケアを行い
筋肉の緊張を緩めていきました。

この時期になると、なかなか疲労が抜けないので
最低限の自己ケアを欠かさず行うことで
怪我予防になります。

体がリカバリー出来ていない状態で、練習を継続
することは、スキル向上において良い結果を
臨むことが出来ません。

フィジカル スキル メンタルこの3つを効率良く
強化 向上させるためにも、自己ケアを欠かさず
行い、リカバリーをさせることが重要です。

o4IMG_2785.jpgo4IMG_2786.jpg
o4IMG_2789.jpgo4IMG_2793.jpg


日時: 2010年07月08日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
肩甲骨でコントロール

肩甲骨の動きを改善することで
上半身の可動域が広がり、飛距離アップに
つながります。

トレーニングを行う時でも、肩甲骨の動きを
主体にして動作を行なうのですが
どうしても肩甲骨の動きの少ない人は
腕に負荷がかかってしまい、トレーニング
の効率が悪くなってしまいます。

腕にかかる負荷を軽減するために、出来るだけ
腕の曲げ伸ばしを少なくして、肩甲骨で動作
のコントロールを行い、普段意識しない
肩甲骨の内側の部分が動いているイメージを
もってトレーニングを行いました。

肩甲骨の動きが悪い人でも、良い動きの
イメージを行いながら、トレーニングを重ねることで
徐々に自分の理想の動きに近付きます。


o4IMG_2771.jpgo4IMG_2772.jpg
o4IMG_2779.jpgo4IMG_2781.jpg


日時: 2010年07月06日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
昼食

今日は、午前のトレーニング後、生徒皆さんと
打球練習場の近くにある、定食屋に
ランチを食べに行きました。

ここのお店は、全てのメニューが500円という
安さ、料理も美味しく ボリューム満点なので
生徒の皆さんが常連さんになっています。

美味しい物を食べると、自然と会話も進むので
楽しい食事の時間を過ごすことができ
午後からの、仕事に備えて活力になりました。

o4IMG_2763.jpgo4IMG_2762.jpg


日時: 2010年07月01日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif