« 2010年04月 | メイン| 2010年06月 »

ラダー参加

今日は、僕自身がランニングプログラムに
参加し、他の生徒と同じメニューをこなしました。

自分がプログラムに参加することで、生徒に
とって良い見本になればと思い、ラダートレーニング
に夢中になってしまってのですが、一緒に交じって
行うと、自分が頭で理解していることと、行っている動作との
ギャップを感じてしまいました。

理想の動作は頭の中であるのですが、自分が行って
みると、なかなか理想とは難しい面が多々あります。
動きの悪い面を一言で言ってしまえば簡単な
事なのですが、それを修復するまで反復練習を
繰り返し、常に動作チェックを行いながら
修正を行わないと、自分の「癖」というのは
治せないものですね。

自分が常に人の動作をチェックし改善する
立場なので、自分自身のチェックもしっかり
行わないといけないことを感じさせられました。


o4IMG_2627.jpgo4IMG_2629.jpg
o4IMG_2635.jpgo4IMG_2636.jpg


日時: 2010年05月27日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
不安定

どのスポーツにおいても、不安定な状況で
良いプレーを行えるプレーヤーは勝負どころで
しっかり結果を残してきます。

トレーニングプログラムの中で行っている
バランス感覚を強化するメニューでは
不安定な状態の中でも、体の可動域を
広げ、力のコントロールが出来ることを
テーマに、今日もウォーミングからそのことを
意識して行ってもらいました。

不安定な場所で行うと、バランスを取ることに
気をとられて体の動きが小さくなってしまい
力みの原因にもなります。

そのような状況の中でも、体の可動域を
大きく広げて行うことで、良いパフォーマンス
おこなえるようになります。


o4IMG_2606.jpgo4IMG_2613.jpg
o4IMG_2616.jpgo4IMG_2617.jpg
o4IMG_2620.jpgo4IMG_2621.jpg

日時: 2010年05月25日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
矯正

スイング中の体重移動時に、膝が外に逃げてしまうと
体重が軸足に乗りきらない為、余計な力が上半身に力が入り
効率の悪いスイングになってしまいます。

膝が外に逃げないのを矯正するために
内転筋を強化することで、体重が外に逃げることなく
上半身にも余計な力も入りません。

写真に紹介している内転筋のエクササイズ
は、パートナーで行うトレーニングになっていて
パートナーから負荷をかけてもらい、エクササイズ
を行っています。

ここでは両足と片足を紹介していますが
片足で行う方法は、両足に比べて関節可動域を
広げて行えるため、内転筋が弱い人や、意識
しにくい人は片足をオススメします。

片足ずつ行ってから両足で行うように
すると、より効果的に内転筋のトレーニング
を行うことが出来きます。


o4IMG_2604.jpgo4IMG_2605.jpg
o4IMG_2602.jpgo4IMG_2601.jpg


日時: 2010年05月21日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
帰国後

海外帰国の中山君がトレーニングに
復帰し、今週から本格的にトレーニングプログラム
に参加しました。

午前中、前半の走り込みでは快適な走りを見せ
存在感をアピールし、後半のラダートレーニング
でも、以前おこなっていた感覚が残っており
軽快な動きでメニューをこなしていました。

午後からのケアプログラムでは、生徒から
ボディーケアを受け、午前中に溜まった疲労を
とり、中山君自身にもケアテクニックをマスター
したもらいました。

海外留学以前よりも運動能力が高くなっていて
他の生徒に、良い刺激を与えたのではないかと
思います。


o4IMG_2572.jpgo4IMG_2577.jpg
o4IMG_2582.jpgo4IMG_2586.jpg

日時: 2010年05月19日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
体の支持

今年に入り、体を股関節で支持しながら
運動動作を行う意識を、トレーニング中にも
行うようにしています。

フィジカルトレーニングの場合、筋力向上を
目的に、高重量のウエイトをコントロールさせると
重量をコントロールすることに、意識がいってしまう
ことがよくあります。

スイング動作で重要なことは、体の力をクラブを通じて
ボールに伝えることですから
そのためには、体の支持というのは
力を発揮する以前に、必要なことになり、その支持
をトレーニング中に行いながら、筋力を向上させることが
そのまま動作につながります。

最近のトレーニングプログラムでは
筋力の向上よりも、ウエイトを扱いながら可動域を
広げる種目が中心になっていますが、これも同じように
体を股関節で支持しながら、可動域を広げて行く事で
より実践に使える体になるのです。

スイング、フィジカルに限らず意識というのは
トレーニングや、それ以外の時間にそれをすることで
向上する人とそうでない人とに差が出てきます。


o4IMG_2530.jpgo4IMG_2538.jpg
o4IMG_2552.jpgo4IMG_2570.jpg

日時: 2010年05月13日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
成長

今日は気温がとても低く
とても5月とは思えないほど肌寒い
一日でした。

午前中、ランニング&ラダーを行い
午後からは、コンディショニング授業を
室内で行いました。

最近、生徒のケアテクニックのスキルが
上がってきたので、自分も生徒の中に
混じりながら、ボディーケアを受けながらアドバイス
を送るようになり、彼らの成長に関心しています。


o4IMG_2522.jpgo4IMG_2524.jpg
o4IMG_2526.jpgo4IMG_2528.jpg

日時: 2010年05月12日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
ゴールデンウィーク明け

ゴールデンウィーが明け、今日から練習再開。
毎年、ゴールデンウィーク後は、生徒の集まりが悪いのですが
今年は、ほとんどの生徒が練習に参加し、休日明けから
熱の入った練習を行っていました。

トレーニングメニューは、休日明けということもあり
打球上にて、自体重で可動域を広げるトレーニングを
中心に、4人一組で各班約1時間のメニューをこなし
汗を流しました。

皆さん良い休日を過ごしたみたいで、休日の
話題も交えながら、楽しい雰囲気での
トレーニング授業でした。

o4IMG_2494.jpgo4IMG_2496.jpg
o4IMG_2497.jpgo4IMG_2503.jpg
o4IMG_2511.jpgo4IMG_2512.jpg


日時: 2010年05月06日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
久々に

3月に本校を卒業した斉藤君が、久々に打球練習場
に姿を見せました。

現在は、兵庫県の某ゴルフ場で研修生として
働きながら、練習に打ち込んでいるため
とても良い環境で練習を行えてるとのこと。

スイングの方も相変わらずパワフルで、鋭い打球を
連発していました。

練習後は一緒に昼食を摂り、今後の練習方法や
将来の事について話し合い、プロという目標に向けて
再度意思確認を行い、自分に足りない部分の
改善策など約1時間、楽しい昼食の時間を
満喫しました。

o4IMG_2519.jpgo4IMG_2521.jpg

日時: 2010年05月06日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif