« 重心コントロール | メイン | 冬季強化ランニングに向けて »
腰痛予防

今日は腰痛予防の運動について少し
ご紹介します。

これから、寒さが厳しくなる季節
筋肉、また関節の痛みというのが出やすくなる時期です。
寒くなることで、筋肉が緊張し、緊張した状態で運動
を行うと怪我を起こしてしまいます。

特に腰の部分というのは、とても弱い場所なので、腰回り
の筋肉を常に柔軟な状態に保つことが、怪我の予防になります。

写真で紹介していますが、腰を柔軟にするためには、骨盤にしっかり
動きをつけることが重要です。
骨盤に動きをつけることで、腰回りの筋肉が緩み、部分的なストレス
が解消され腰痛予防につながります。

解説1 「写真上左右」

骨盤を左右から手で持って、ゆっくり息を吐きながら前方に動かし
吸いながら後方に動かしていきましょう。
呼吸は複式呼吸で行い、しっかり前後に動きをつけていきましょう。

解説2 「写真中左右」

骨盤に前後の動きをつけたら、今度は上下に動かして行きましょう。
写真では膝を曲げて行っていますが、上下の動きをつけるときは
足を伸ばして行うと、骨盤の動きがわかりやすいと思います。

解説3 「写真下左右」

膝を広げて、片足ずつ膝を内側に倒していき
このとき膝の角度が90度くらいで行うようにしましょう。

回数は3種目とも10回を目安に行って下さい。

今日ご紹介した以外にも、まだまだ種目はあります
ので、次の機会にご紹介します。

IMG_1695.jpgIMG_1696.jpg
IMG_1697.jpgIMG_1698.jpg
IMG_1700.jpgIMG_1701.jpg

日時: 2009年12月03日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/972
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)