« 肩の動きを改善 | メイン | パートナーストレッチ »
内ももストレッチ

今日は、トレーニングの最後に
二人組になってもらい、内もも「内転筋」の可動域作り
を行いました。

一人が負荷をかけていき、負荷をかけられている人は
足を広げて行く時に、出来るだけ足の力で踏ん張らず
お腹で負荷のコントロールを行ってもらい
また腰が反らないように行いました。

負荷をかけている人も、腕の力で負荷をかけるのでは
なく、内圧「お腹を凹ませて」をかけながら、自分の
体重を利用して、負荷をかけて行くことを意識して
行いました。

内転筋の可動域を広げることで、怪我の防止にもつながり
左右の体重移動を行う際にも、片足にしっかり体重が乗る
ようになります。

IMG_1427.jpgIMG_1428.jpg

日時: 2009年10月22日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/949
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)