« ショートダッシュ | メイン | スイングチェック »
内転筋の柔軟性

今日はダンベルを使って、ストレッチデッドリフト
を行い、太ももの内側にある内転筋のストレッチ
を行ってもらいました。

自体重でも十分きつい種目なのですが、ダンベルの
重量を利用して、上半身の力を抜き、内ももの
可動域をつけていきました。

動きをつけながら筋肉をストレッチさせることで
関節可動域も広がり、運動に「使える」筋肉
になります。

IMG_1318.jpgIMG_1319.jpg


日時: 2009年09月17日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/933
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)