« 肩甲骨の可動域 | メイン | 追い込み »
上半身を軟らかく

今日はバランスボールを使い、上半身の
可動域を広げていきました。

普段は、体幹強化のためにプレートやダンベル
を使い負荷をかけて行っているのですが
上半身の柔軟性向上の目的でバランスボール
を使って、普段行うツイストトレーニングの動きよりも
可動域を広げて行いました。

ただボールを上げ下ろしするのではなく、体側に
ストレッチを大きくかけて、肋骨が左右にずれていく
ように「ちょっと難しい表現ですが(笑)」動きをつけて
もらいました。
上半身のズレ「動き」が大きいほど
力の伝わりも大きくなるので、ただ筋力をつけるのではなく
骨に動きをつけながら、体に負荷をかけてトレーニングを行うことで
使える体になっていきます。

kawa.jpgkawa1.jpg


日時: 2009年09月01日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/922
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)