« 盆明け | メイン | 来週から »
体幹ストレッチ

ドイツベルリンで行われている世界陸上
100メートルで、ボルト選手が世界新記録を出しました。
ボルト選手は体幹をネジル走り方で、動物のトラやチーター
のような、まさに動物的な体の使い方をしています。

今まで陸上競技の短距離種目は体幹を「固める」
ことで軸を安定させるというのが主流になっていましたが
ボルト選手のランニングスタイルで、世界新記録が出たことで
また、走り方も変わってくるのではないかと思います。

さて、今日はスイングの動きに体幹にストレッチをかけながら
のトレーニングメニューを入れてみました。

先ほどボルト選手のランニングスタイルでも触れたのですが
体幹部の柔軟性があることで、下半身からの力が上半身へと
つながって来るため、常に体幹は軟らかくないといけません。

スイングにおいても「お腹に力を入れて」とか「お腹をしめて」というアドバイスを
されていますが、お腹に力を入れてしまうことで、上半身の動きが堅く
なってしまい、あまり体が回らなくなってしまいます。
上半身の回転を妨げない為にも、体幹部の柔軟性というのは常に
必要になってきます。

今日の体幹ストレッチメニューでは、お腹に力が入らないように
行ってもらいました。

825.jpg826.jpg


日時: 2009年08月22日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/915
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)