« 上半身の柔軟性 | メイン | 猛暑の中で »
不安定な体勢からの動作

先週に引き続き、今週もまた上半身の柔軟性を
テーマにタオルとボールを使用してトレーニング
を行いました。

今日行った種目は、ダンベルを使用して、上半身をひねる
ツイストトレーニングをバランスボールとフラットベンチ台
の2種類で行い、不安定な所からの脱力が出来るように
バランスが崩れそうになっても力を入れず、上半身の力を抜いて
動作を大きく行うことを意識して行いました。
力を抜いて動作を大きく行うことで、動作の中で軟らかい動き
が出来るようになり、それが出来ている時が一番力の
抜けている状態になります。

今日生徒の皆さんにアドバイスしたことは、力を抜いて大きな
動作を行うためには、物「クラブ」ここではダンベルの重さを
最大限に「利用」することで、柔軟性のある動作が行える
ことを説明しました。

物「クラブ」に対して力を「発揮」してしまうことで、動きが硬くなって
しまい、動作が不安定になってしまいます。
不安定な体勢からしっかりした動作を行えるためにも
クラブの重さを最大限に活用することで、力を抜くことが
出来るようになり、安定した動作「スイング」を行える
ようになります。

731.jpg732.jpg
733.jpg734.jpg
735.jpg736.jpg

日時: 2009年07月30日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/906
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)