« 最終調整 | メイン | 不安定な体勢からの動作 »
上半身の柔軟性

今日はタオルを使用して、いつも行っている
上半身に柔軟性をつける種目を行いました。

股関節にタオルを挟んで、腰部を固定
させた状態で、上半身に動きをつけていき
股関節に挟んだタオルが落ちないように
動作を行いました。

このような動作を行うことでお腹に意識集まり
そうなることで、上半身の力みが抜けていき
しなやかな動きを行うことが出来ます。

最初は30秒ほど股関節だタオルを挟んでキープ
するだけでもトレーニングになりますが、慣れてきたら
前傾姿勢で行う種目に、タオルを挟んで行えるようになると
余計な力が入らないため、上半身の動きをよりいっそう
意識して行えることができ、そうした動きが、スイング
にもつながってきます。

34.jpg35.jpg
36.jpg37.jpg


日時: 2009年07月24日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/904
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)