« 2009年05月 | メイン| 2009年07月 »

入学から3ヶ月

今年4月に入学した新入生の
メンバーの一人中西君「写真」。
入学当初から恵まれた体格を生かして
日々練習に励んでいます。

トレーニングを開始して3ヶ月が経ちますが
種目も徐々にこなせるようになり、デッドリフト「写真」
も上手く出来るようになってきました。

入学当初の課題が、「今の体にもっと体に柔軟性をつけたい」
というので、体の硬さを克服するためにも
日々練習を積み重ねて、結果に結びつけてもらいたい
です。

129.jpg130.jpg

日時: 2009年06月25日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
右腕の使い方

いつも両手で行っている股関節を使っての
ケーブルトレーニングを今日は片手のみで行いました。

片手で行うことで、両手よりも上半身の力の抜けが
重要になるため、股関節に上手く体重移動が出来ないと
腕に力が入り、上手くケーブルを引くことが出来ません。

この動作は、スイングにおいても共通していて
右打ちの人は、右方向にバックスイングを行い、そこから
左方向に切り返す時に、右方向から加速された力がボール
に伝わることだ重要になってきます。

このときに、左側に力が入ってしまうことで、左肩に力が
入ってしまい、右方向からの加速力が上手くボールに伝わらない
ため、その分距離も出なくなります。
距離だけではなく、左側が力むことで、スイング軌道が不安定に
なってしまい、ボールの方向性が定まらなくなってしまいます。

そのようなことを無くすためにも右手のみで動作を行うことで
体の回転もスムーズに行なえるようになり、クラブの軌道も
安定されます。
トレーニングに関わらず、スイング練習時でも
右打ちの人は、右手のみでスイング練習を行うこと
で、体を上手く使ったスイング技術を習得することが出来ます。

123.jpg124.jpg
125.jpg126.jpg
127.jpg128.jpg

日時: 2009年06月24日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
意識を取り入れる

ボールトレーニングで重要なことは
いかにスイング動作を意識して行うことで
意識の中に「筋脱力」「体重移動」「可動域」
といったことをボールトレーニングでしっかり
行わなければいけません。
同じ動作でも、この「意識」をしている人と
していない人では、効果の差が明らかに出てきます。
トレーニング授業を受けている人の中にも
ただ漠然とメニューをこなしている人と、こちらからの
アドバイスをきちんと聞き入れ、自分で理解し、それを
動きにつなげている人の両方いますが、上達する
近道を考えると、常に練習の中に「意識」を置いて
行い、正しい動作を体に習得させることが
上達するポイントになります。
練習のボリュームも重要ですが、短い時間の練習でも
しっかり意識を取り入れて行うことが重要ですね~。


3.jpg4.jpg
5.jpg6.jpg


日時: 2009年06月18日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
体幹運動

体幹を強化するトレーニングで、メディシンボールを
使い上半身を捻じる、ツイストトレーニングを行いました。
このトレーニングは、スイングと同様に体を丸くさせないで
姿勢を真っ直ぐにした状態から、体を捻じるので
かなり体幹に負荷のかかるトレーニングです。
この運動動作を行うことで、上半身の柔軟性も
アップされるので、ぜひ行って見ましょう。

1.jpg2.jpg

日時: 2009年06月16日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
二軸打法

今週も、軸移動 股関節の使い方を確認するため
メディシンボールを使ってトレーニングを行いました。
生徒の皆さんも頭では理解できているようですが
いざ動作を行ってみると、なかなか上手く行かない
ようで、それぞれ試行錯誤しながら行っていました。
股関節を意識の動きを意識して、それを動作につなげる
ことは容易な事ではなく、まずは片足にしっかり体重を乗せて
二軸で行えることで股関節動作も理解しやすく
また、打球練習に置いても、二軸での練習方法は広く行われていて
二軸で練習を行うことで、左右の体重移動がわかりやすく
体も大きく使えるため、全身を最大限に生かしたスイングを
行うことが可能になります。
この二軸練習で、左右に体重をしっかり乗せ
体を大きく使ってのスイング練習を時間をかけて行くことで
更なるスキルアップにつながり、スコアアップに
つながります。

11.jpg12.jpg
13.jpg14.jpg
15.jpg16.jpg

日時: 2009年06月12日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
股関節からの連動

ここ最近、ブログの方でも紹介しています股関節
の上下運動ですが、この上下運動をよりわかりやすく
する為に、生徒の皆さんには様々なバリエーション
を用いた、トレーニングで、股関節上下運動から上半身への
力の「連動」を確認しています。
ボール、ケーブル、バーベルなどを使い
下半身に「タメ」を作ってからの股関節の移動など。
どのトレーニングにも共通するのが、股関節の上下運動
を上手く使うこと。
その中で、上半身への「つながり」を実践
できることで、無駄な動作や、体の部分的な負担が軽減されます。
股関節の動きだけがすべてではないのですが
運動動作の根本的な部分ですから、そのことを理解した上で
練習を行うことが、技術の上達をする一つのポイントになります。


601.jpg600.jpg
602.jpg604.jpg

606.jpg607.jpg
605.jpg608.jpg


日時: 2009年06月05日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif