« 股関節の動き作り | メイン | 体幹を使って »
コントロール

新入生のトレーニングがスタートして
1週間が経過しました。

生徒皆さんの表情も少し和らいで、良い雰囲気
の中、本格的にプログラムを開始しました。

プログラム前半は、先週と同じく股関節の可動域
自体重でのスクワット他を行い、後半トレーニング
ルームでウエイトを持ってスクワットを行いました。

体に負荷をかけて行くことで、筋肉が発達し
怪我の防止、またパフォーマンスの向上が
得られますが、ただウエイトを持って
負荷をかけるのではなく、力、速度の「コントロール」
をしっかり行えるようになり、徐々に負荷をかけて
行くことで、「使える体」になって行きます。
スイング技術同様に、体作りも時間をかけて
行うことで、「価値」のある体になります。

hdrzrz.jpgIMG_0340.jpg
IMG_0348.jpguofyc.jpg

日時: 2009年04月21日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/817
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)