« 体幹を使って | メイン | 股関節の改善 »
上半身の動き改善

上半身の中でも腰の上部胸椎と言われる所は
良く動く所で、この部分の動きが良くなると
バックスイングから股関節を切り替えした時に
上半身に「タメ」が出来、ボールに対して
体全身でインパクトを伝えることができます。
胸椎部の動きの改善で、いつもは座って行っている
「バックエクステンション」を立位の状態から行いました。
出来るだけお腹と前太ももを近づけ固定させて
上半身を丸める時には、ダンベルの重さを利用して
筋緊張させないで可動域を広げて行いました。
この動作を繰り返し行うことで、上半身の可動域が広がり
より良いスイング作りが行えます。

IMG_0154.jpgftcx.jpg

日時: 2009年03月24日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/801
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)