« 回転動作の注意点 | メイン | 引き続き »
動き作り

体が柔らかいと怪我の防止にもなり、また運動動作の
可動域も広がるのでスキルアップにもつながります。
では、どのようにしたら体が柔らかくなるのでしょうか?
一般的に言えば当然「ストレッチ」が答えだと思います。
しかし部分的に筋肉を伸ばすことよりも、競技を行って
いる人は、運動動作の中で体に柔軟性をつけていく方が
実際に「使える体」になります。
部分的ストレッチは「筋疲労回復」と言う意味では必ず行わなければ
いけないもので、運動後や就寝前には必ず行うようにしましょう。
というわけで、今日はバランスボールを使って動き作りを行いました。
バランスボールはトレーニング以外でも様々な使い方が出来るので
とても便利ですので、あまりジムに行けない方でも家に1個ボールが
あるだけで、トレーニングからストレッチまで活用できます。


IMG_0039.jpgoygc.jpg
opuighf.jpgopuygf.jpg

日時: 2009年03月05日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/791
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)