« 2009年01月 | メイン| 2009年03月 »

軸移動

今日は軸移動しながらのツイストトレーニングを
行いました。
足を交互に前方に踏み出し、踏み込んだ足に
反対側の骨盤をぶつけて上半身をねじっていきます。
この時に、ねじった方向の肩が下がらないように
行い、またプレートを持っている手の方に力が
入らないようにしましょう。
軸を前に移動させながらツイスト動作を行うことで
全身のバランス感覚向上につながります。

SANY0291.JPGSANY0290.JPG
jcgfxf.jpgbhzdfkl.jpg

日時: 2009年02月27日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
ダンベルを使って

普段、バーベルで行っている「スナッチ」トレーニングを
今日はダンベルを使って行いました。
全身を使ってダンベルを交互に挙げて行くのですが
肩や腕の「筋力」を使うのでは無く、下半身から
の力を上半身につなげて、上半身をしならせる
「魚のような感じで」ことをテーマに行いました。
上半身の力が抜けると、それだけ脊柱や関節
の動きが良くなるため、無駄なエネルギーを使うことなく
物に対して力が伝わります。


hdfxzd.jpghdfzzd.jpg
hdfxxdk.jpgjxgffxx.jpg

日時: 2009年02月25日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
ネジレトレーニング

上半身の回旋動作「ネジレ」の向上のためには
腹筋の力を抜くことで、可動域を広げることができます。
なかなか立っている状態から、腹筋の脱力は
難しいので、仰向けの状態で力を抜きながら、、下半身を左右に倒し
上半身がついて行かないように、意識して行いました。
最初は両手を広げ、バランスをとりながら行い
慣れてきたら、両手を胸の前で交差して
不安定にした状態で行いました。
単純な動きですが、力を抜いていないと上半身と下半身
の「「ズレ」がでないので、脱力が出来ていないと上手く
行えません。
是非一度お試し下さい。


cgcgc.jpgjyfxcxy.jpg
hdzxz.jpgnhfdzz.jpg


日時: 2009年02月19日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
体のあそび

最近では、体の使い方を重点的にトレーニング
を行っています。
筋力で体をコントロールするのではなく、脱力させ
最小限の筋力で、物に力を伝えると言うのが理想の
体の使い方であり、体に「あそび」が作れると
物に対して、自分の力が上手く伝達するのではないでしょうか。
筋力でガチガチに体を固めるのではなく、海にある
「海草」のように、根本「人間でいう重心」以外は
ゆるゆるで、脊柱に動きのある状態が私生活から
出来ていれば、運動前に入念にストレッチなど行わなくても
良いパフォーマンスが出来るでしょう。

hdfzZ.jpghrdezzkl.jpg
SANY0262.JPGgycc.jpg


日時: 2009年02月17日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
打球場

今日は打球場でボールを使ったトレーニング
を中心に行いました。
ウォーミンアップでは、自分の足を負荷にして
お腹の力を使っての内旋運動を行い
その後、ボールを使って股関節ー上半身ー肩関節
の回旋「ネジレ」をイメージしてもらい、ボール
トレーニングを行いました。
今日は熊谷プロ「写真2段目」も生徒と一緒に行い、皆さん
良い刺激の中で行えることが出来ました。


jftxcx.jpgjgfjc.jpg
KIF_4974.JPGhtrdxzd.jpg
KIF_4958.JPGKIF_4959.JPG


日時: 2009年02月12日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
意識

ボールにインパクトを与えるために
バックスイングから骨盤を切り替えした時に
内モモで「壁」を作ることで、上半身の回旋運動が
効率良く行われ、その力がボールに伝わります。
トレーニングやスイングを見ていても、内モモを
意識することは出来ているのですが、骨盤が
側面に逃げて内モモを意識しているケース
「写真左上」をよく見られます。

骨盤が側面に逃げてしまうことで、うちを意識していても
軸が外に逃げてしまい、上半身が開いてしまい肩が
下がってしまいます。
内の「壁」を作るには、、地面に対して軸足を垂直に保ち
「写真右上」骨盤が外に逃げないように、意識しましょう。

練習方法として「写真下」片足を前に出して、前足と後ろ足の
内モモを合わせるようにして、スイングを行うと
内の意識が高くなります。

KIF_4944.JPGKIF_4945.JPG
ctyd.jpghfdxzx.jpg

日時: 2009年02月10日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
初動動作の確認

運動動作で一番重要なことは、初動動作を
どれだけ早く、正確に行えるかにあります。
体の筋力や柔軟性といったものを最大限
活用するには、初動動作の意識を高めて
行えることにより、技術の上達に結びつきます。
今日はボールを使ってのトレーニングで
「初動動作」を確認をしてもらいました。

KIF_4929.JPGjkycfxf.jpg


日時: 2009年02月05日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
先週に引き続き

今週も先週のトレーニングに引き続き
内側のライン作り強化のために、「線」
を意識してもらい、その中での動き作り
に取り組んで頂きました。
片足を前に出してのスクワットや、両足を広げての
ワイドスクワットを行うことで、太ももの内側の筋肉が
強化され、スイング時に置いても下半身の踏ん張りが
より可能になります。

kygc.jpgykgcc.jpg
KIF_4932.JPGiygxcx.jpg

日時: 2009年02月04日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif