« ストレッチ=柔軟性?? | メイン | 年度末トレーニング »
脱力方法

先週、、ブログで御紹介した「ストレッチ=柔軟性?」
というテーマで、体を柔らかくするためには
体の力を「脱力」出来ることで、柔軟性が出てくる
ことをお伝えしました。
では、体の力の抜き方とはどのようにしたか良いのか
を今日御紹介いたします。

脱力するためにはまず、お腹に重心を作らなければ
いけません。重心が上半身に移動することで力みが
起ってしまいます。
まず、仰向けに寝た姿勢で腰の位置に厚めに巻いた
タオルをしきます。
そのタオルを背中で圧迫させながら呼吸を行います。
息を吸うときには、鼻から吸い上げて胸を大きく広げ
て息を吐く時に、お腹を膨らませたり凹ませたりして下さい。
これを繰り返すことでお腹に重心を置く事が出来きます。
お腹に重心を置く事が出来れば上半身の力も抜けて
柔軟性が出てきます。


KIF_4776.JPGhdfxkz.jpg
KIF_4779.JPG96tfc.jpg

日時: 2008年12月25日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/740
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)