« 2008年11月 | メイン| 2009年01月 »

年度末トレーニング

今年最後のトレーニングを行いました。
胸 足 背中の種目で村上プロも混じり
個人の最高重量で行いました。
今年1年で身体 精神共に皆さん成長された
と思います。その例のひとつとして
各個人が練習後に自主練習を行い、提供したメニュー以外でも
必死に練習している光景を日々目にするように
なったことです。
毎年自主練習を行っていた生徒は何名か居ましたが
今年に入り、すべての生徒が行うようになったことで
スクール全体のモチベーションの
向上につながっていると思います。
来年はこれにつながる「結果」を期待したいと思います。

今年1年ありがとうございました。
また来年度も宜しくお願いいたします。


fyc.jpgjfcc.jpg
KIF_4769.JPGKIF_4773.JPG

日時: 2008年12月25日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
脱力方法

先週、、ブログで御紹介した「ストレッチ=柔軟性?」
というテーマで、体を柔らかくするためには
体の力を「脱力」出来ることで、柔軟性が出てくる
ことをお伝えしました。
では、体の力の抜き方とはどのようにしたか良いのか
を今日御紹介いたします。

脱力するためにはまず、お腹に重心を作らなければ
いけません。重心が上半身に移動することで力みが
起ってしまいます。
まず、仰向けに寝た姿勢で腰の位置に厚めに巻いた
タオルをしきます。
そのタオルを背中で圧迫させながら呼吸を行います。
息を吸うときには、鼻から吸い上げて胸を大きく広げ
て息を吐く時に、お腹を膨らませたり凹ませたりして下さい。
これを繰り返すことでお腹に重心を置く事が出来きます。
お腹に重心を置く事が出来れば上半身の力も抜けて
柔軟性が出てきます。


KIF_4776.JPGhdfxkz.jpg
KIF_4779.JPG96tfc.jpg

日時: 2008年12月25日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
ストレッチ=柔軟性??

スイング中に体が思うように回らず、悩んでいる方は
いませんか?
私が指導している生徒の中にもそのような悩みを
抱えている人がいます。
上半身が硬いため、無理やり腰を回そうとして怪我を
したり、フォームが崩れてしまうといったケースが多々
あります。

人によって体の柔軟性は異なってきますので、何も
していなくても、体の柔らかい人もいれば、毎日
ストレッチを欠かすことなく行っているのに、硬い
人もいます。
私自身は後者の方で、なかなかストレッチを続けていても
柔らかくなりませんでした。
トレーニング後のケアも行っていましたし、就寝前にストレッチは
欠かすことなく行っていました。

ストレッチを行うことで、体が柔らかくなるという考えが強くあり
それが間違いでは無いのですが、何を行う時にも体の力を抜く「脱力」
ことが筋肉の柔軟性を養うのだとここ数年思うようになりました。
トレーニングや練習の時はもちろん、日常生活で脱力が出来るように
なれば、自然に体が柔らかくなることを私自身実感するようになり
今は以前に比べれば随分と体に柔軟性がつくようになりました。
体に力を入れることは簡単なことなのですが、抜くことは
なかなか容易なことではありません。
ではどのような方法で、体の力を抜くことが出来るのでしょうか?
次回のブログで脱力方法を御紹介いたします。


uigvcv.jpgovfgf.jpg
opbhuv.jpgKIF_4738.JPG

日時: 2008年12月18日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
デッドリフトの行い方

デッドリフトを行う時に膝を曲げずに、上半身だけでバーベルを
持ち上げたり、持ち上げる時に骨盤が丸くなっていたり
していないでしょうか?
スクワットと同様に、持ち上げる時にはしっかり膝の曲げ伸ばし
を行い、腰の丸まりや、反りを無くし、カカトに負荷がかかるように
行いましょう。


KIF_4729.JPGKIF_4730.JPG


日時: 2008年12月17日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
体幹強化

体幹のトレーニングはこれまでにも多く御紹介
してきました。体幹を強化することで、体の
バランス感覚向上であったり、軸の安定に
つながるので、ゴルフのみならず、すべての
競技選手に必要な部位になります。

ただ、トレーニングを行う際には、毎回メニュー
を変えて、出来るだけいろいろな種目で
強化するようにしましょう。
いつも違った「刺激」を体に与えることにより、動作の対応能力が
向上します。

KIF_4681.JPGKIF_4682.JPG
KIF_4670.JPGKIF_4671.JPG

日時: 2008年12月12日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
動作の確認

スクワット時、足の曲げ伸ばしを行う際に
骨盤が反り返ったり、丸くなったりしていないでしょうか?
自分自身もトレーニング時には気をつけて行っているのですが
先日、親友のトレーナーに診てもらった時に、いろいろと
指摘を受けました。
どうしても一人で行うと、動きの細かいチェックが疎かになってしまいます。
自体重で行う際、ウエイトを持って行う際にも必ず鏡をみて動きのチェック
をしましょう。
運動動作を細かくチェックすることで、より良いプレーに結びつきます。


jgfcx.jpgjcgfc.jpg

日時: 2008年12月10日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
自宅で行えるトレーニング「上半身」初級編

先々週のブログで、自宅で行えるトレーニング「下半身編」
を御紹介しました。
今回は、上半身「胸」のトレーニング初級編を紹介いたします。

体作りを行う上で、疲れにくい体を作るためには
胸 背中 足といった大きな筋肉からトレーニングを行いましょう。
胸のトレーニング種目で一般的に行われている種目が
腕立て伏せ「プッシュアップ」です。
プッシュアップは自体重で負荷をかけることが出来るので
ジムに行かなくても、自宅で簡単に行えます。
では以下の写真を見ながら行っていきましょう

腕立て伏せというと、うつ伏せになり、足を伸ばした姿勢から
行いますが、初心者の方は、地面に膝を着き、テーブルや椅子に
手を着いて、斜めの角度で、腕を伸ばした姿勢から行うようにしましょう。

腕を伸ばした時に肩を首に寄せないで、背骨を肩甲骨で
挟む様に、固定します。
胸に負荷がかかるように、肘の角度が90度くらいになる
くらいまで曲げていき、腕を伸ばす際には、手のひらの下の部分で、しっかり
地面を押すようにしましょう。
回数は8~12回を3セット週3回程度。
hubv.jpgiygcc.jpg
「注意」
以下のように肩甲骨を寄せる際に、肩を首に寄せないようにしましょう。
腕の曲げ伸ばしの際にも、肘を下げないように、胸
と肘を広げて行うように注意して下さい。
ikghcc.jpgikgfycc.jpg

椅子やテーブルで行えるようになったら
今度は、膝を着いてうつ伏せになった姿勢から
行いましょう。地面と平行になることで、さらに
体に負荷がかかってきます。
手のひらを少し内側にして行うと、胸に負荷がかかるのが
わかりやすいですよ。
回数は8~12回を3セット行うようにして下さい。
0ugigf.jpgKIF_4709.JPG

「注意」
腕を曲げ伸ばしする際に、肩が挙がったり、肘が
下がったりしないようにしましょう。

KIF_4710.JPGKIF_4711.JPG

今回は初級編を紹介しましたが、まだ多数種目がありますので
次回は、上級編も紹介したいと思います。

日時: 2008年12月05日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif