« 姿勢作り | メイン | 簡単「骨盤体操」 »
自宅で出来るトレーニング「下半身」

今週に入り急に、寒くなって来ましたね~。
寒くなると筋肉が硬くなってしまい、なかなか思うように
体を動かすことが出来きないのではないでしょうか。

打球場で練習している生徒の皆さんも、今週に入り
厚着の格好で寒さ対策をしながら、練習を行っていました。
この時期に入ると、毎年怪我をする人の割合が多く、特に
腰を痛める人が多くなります。
怪我を最小限に防ぐために、日々のトレーニングで体作りを
行っているのですが、練習量が多くなると、腰への負担は避けられません。
生徒の皆さんには、毎日、ゆっくりお風呂に入って腰を暖め、その後
入念に、ストレッチを行うようにと伝えています。

さて、今日は、体作りをしたくてもなかなかジムに行けない人のために
「自宅で行えるトレーニング」を御紹介いたします。
今日、御紹介するのは下半身3種目です。
年々、体はトレーニングをしないと、退化して行き
特に下半身が弱くなってきます。
下半身の退化により、腰にかかる負担が増え、腰痛を起す原因に
なってしまいます。

まず、最初の種目ですが
上向きで寝た姿勢で片足を曲げます
「足を曲げた時に、膝の下にカカトが来るようにします」
曲げた足で、地面を蹴り腰と膝の位置が平行になるまでお尻
を浮かして行きます。この時に、しっかりお尻と裏モモを使うようにしましょう。

hdrx.jpgKIF_4639.JPG

最初に行った種目が終われば、次に同じ部位を立った姿勢から行います。
片足を前に出し「出した足の膝下にカカトが来るようにする」
膝が前方に出ないように、足の曲げ伸ばしを行います。
この時に、カカトを点にしてそのまま垂直に挙げて行きましょう。

KIF_4644.JPGKIF_4642.JPG

最後に
片足ずつトレーニングを行った後は、両足でスクワットを行います。
この種目も、お尻と裏モモの強化を狙っているので、足を曲げた時に
膝を前方に出さないで、カカトでしっかり地面を蹴りましょう。
膝と平行くらいの椅子があれば、その位置まで足を曲げ、椅子にお尻が
着いたら、ゆっくり足を伸ばしていきましょう。

jgfxzd.jpggfiiii.jpg


3種目とも回数は10~15回の2~3セットを
週に3回行うようにして下さい。

1ヶ月くらいする、とトレーニング効果を得ることが出来き
スイング練習を行う時にも、以前よりも下半身が安定します。
まだまだ、家庭でも簡単に行えるトレーニング種目があるので
次の機会に、別バージョンを御紹介いたします。


日時: 2008年11月21日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/720
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)