« 丹田呼吸法 | メイン | 自宅で出来るトレーニング「下半身」 »
姿勢作り

何事においても「姿勢」というのは基本になってきます。
アドレスの時に、胸を張って構える人に見られる
のが、胸を張ることに意識をおきすぎて、腰を反らせて
構えてしまっています「写真左上」

見た目は良い「姿勢」に見えるのですが、上半身から
姿勢を作っているので、腰が反ってしまいます。。
腰を反らせてしまうと、その時点で、脊柱起立筋「腰の筋肉」
が「緊張」してしまうので、上半身の動きも悪くなり
腰にストレスが加かってしまいます。
この状態でスイングを行うことにより、腰を痛めてしまうのです。

下の写真は、アドレスとスクワット時の、上半身で姿勢を作っている時
下半身で姿勢を作っているのを例に挙げています。
下半身で姿勢を作っている時「「写真2、4列目」には、胸の張りはありますが
腰の反りはありません。

構える時に、上半身を少し前傾させ、自分のお尻に座るように
「膝は前方には出さない」姿勢を作ります。
このように姿勢を作ることにより、腰に負荷をかけず
上半身の可動範囲も広がります。
お尻に座る感覚を得ることにより、下半身からの力の
伝達も良くなるので、飛距離アップ違いなしです!!!

iouhj.jpgyuvgj.jpg
hjgfx.jpgu8trgy.jpg
KIF_4627.JPGKIF_4626.JPG
hubvfv.jpgigycc.jpg

日時: 2008年11月13日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/716
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)