« 腹圧バックエクステンション | メイン | 点を作る »
スクワットを行う前のストレッチ

スクワットは下半身を強化するトレーニング種目の中でも
重要なトレーニング種目です。
重要な種目だけに、そのフォームがしっかり行えて
いないと、強化する部分とは違った所に負荷がかかって
しまったり、腰を痛めてしまったりする場合があります。
スクワットで強化したい部分というのは、主に下半身の
中でも臀部「おしり」とハムストリング「太ももの裏」です。
この部分は姿勢を保つ役割をしており、ゴルフを行う人
であれば強化することにより下半身がぶれず、傾斜などでも
しっかりスイングを行うことが出来ます。
この部分をしっかり使うためには、足を曲げた際に、膝を前に
出さず、お尻を地面に向かって下ろして行きます。
膝が前方に出して行うと、前モモや膝にも負荷がかかるため
よくありません。
スクワットを行う前に、写真下のようなストレッチを行ってみて下さい。
少し長めの棒やタオルを両手で持ち、背骨を肩甲骨でしっかり締め
膝を前方に出さずに曲げ伸ばしを10回ほど繰り返し行い、その後に
バーベルを使って行うと、上手く行えます。

o9ityf.jpgouyg.jpg

日時: 2008年08月28日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/667
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)