« 肩甲骨の可動域 | メイン | 重心のコントロール »
上達の骨「コツ」

背中の筋力をつけることで、ヘッドスピードの向上や
飛距離アップにつながります。
とはいっても、背中に筋力をつけることは容易ではなく
トレーニングを行っていても、腕や肩といった部位が
よく働いてしまうケースが多いようです。
写真ではケーブルローイングを紹介していますが、4パターン
の動作に分けてケーブルを引いてもらいました。

1 腕を伸ばしたところから肩甲骨だけを背骨に寄せる

2 肩甲骨を背骨に寄せた状態から、肘を引き付ける

3 肩甲骨を背骨に寄せたまま腕を伸ばす

4 肩甲骨を体の外側に開く

このように分けることで、肩甲骨の動きを意識しやすく
背中にしっかり負荷をかけることが出来ます。
上達のコツとは、その骨「コツ」の動きをしっかり
理解することです。

uogc.jpgKIF_3427.JPG
puig.jpgKIF_3428.JPG

日時: 2008年06月05日 |カテゴリー: | コメント(0) | トラックバック (0)Page Top↑
ten.gif
トラックバック このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/608
コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)