ラウンド講習!

投稿者: 熊谷 則宏

1月28日(月)に、ABCゴルフ倶楽部の休場日をお借りして、
私熊谷と、村上プロとが2人でラウンドをしながら、
生徒全員を引き連れ講習を行いました。
全てのショットで、プロの考えていること、注意点を説明し、
他のお客様を気にすることなく、じっくりプレーを進行していきました。
ABCゴルフ倶楽部の協力により、このようなすばらしい授業が実現できたことを、
感謝します。

生徒の喜びの声、感想を紹介します。

「自分が今までどれだけ適当に1打1打を打っていたか実感した。」
「あんなに少しの傾斜でも敏感に感じ取り対策を立てていることに驚いた。」
「とても為になった。またやってほしい。」
「ライの違いによって番手、ボールポジションをあんなに変えるとは思わなかった。
 今までは残り距離だけでクラブ選択をして、同じ打ち方しかしていなかった。」

「他では考えられないような授業で、いい体験ができた。」
「ABCゴルフ倶楽部を貸し切ってこんなことができて感激です。」
「後から実際に、芝の上からいろいろな状況での
 アプローチ練習ができたのもよかった。イメージよくできた。」

「プロの企業秘密をたくさん聞けて得した気分。」
「技術の高いプロのほうが自分達よりも安全にプレーしていた。」
「自分がプレーしていると、ボールを打つことに必死になって、
 プロのプレーを注意して見ることができなかったけど、
 今回はじっくりメモをとりながら、いろいろなことを吸収できてよかった。」

「特にアプローチで型にとらわれすぎていたことに気づいた。
 もっと慣性を大事にするべきだった。(ボールを投げる感覚)」
「自分がラウンドしている時は、挑戦できなかったショットも、
 芝からのアプローチ練習でいろいろなことを挑戦できて、
 よかった。」

「この1日でかなり上達した気がする。毎月やったら恐ろしいことになりそう。」
「ロングの2打目で250y残ったら、とにかくグリーに近づけることしか
 考えてなかった。状況の悪い30yよりも、フェアウェイの100yの方が
 遥かにスコアがいいのはわかっていたけど、今回プロのプレーを見て
 実践する気になった。」

「冷静にコースを見てみると、今まで難しく思っていたホールも簡単に感じた。」
「試合の時の練習ラウンドの回り方がよくわかった。」
「どんな注文にもプロが答えてくれた。プロの技術の高さを感じた。」
「普段の打球練習もイメージが作れ、有意義なものになりそう。」

「2人のプロが同じ対策を取ってることに納得させられた。」
「グリーンの読み方もよくわかった。」
「ラフでのライの見極めはすごかった。」
「自分もラウンドしたくてうずうずした。」

「ゴルフが簡単に感じた。」
「特に100y以内のショットでの下半身の安定感には驚いた。」
「マイナスの気温の中、朝一からナイスショットはすごい。」

ABC講習.jpg
ABC講習1.jpgABC講習2.jpg
ABC講習3.jpgABC講習4.jpg
ABC講習5.jpgABC講習6.jpg
ABC講習7.jpgABC講習8.jpg
ABC講習9.jpgABC講習10.jpg
ABC講習11.jpgABC講習12.jpg
ABC講習13.jpgABC講習14.jpg

このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/494

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

熊谷 則宏

出身地 滋賀県
生年  1970年
身長  172cm
血液型 A型

熊谷 則宏

日本プロゴルフ協会 トーナメントプレイヤー
1998年プロテスト合格
アオノオープンゴルフ2003、優勝!
元高校教諭
1996年、高校日本代表監督を務め、世界ジュニア団体戦を制覇。
■座右の銘
為せば為る。為さねば為らぬ何事も!
■ゴルフを始める方へ
ゴルフは本当に楽しいスポーツです。ゴルフの楽しさ、厳しさを一緒に勉強していきましょう。
■ゴルフをされている方へ
楽しさの中にも厳しさ有り!!
レベルアップできるように今までの経験を活かしてゴルフを伝えていきます。

村上 克佳

出身地 京都府
生年  1971年
身長  164cm
血液型 A型

村上 克佳

日本プロゴルフ協会 トーナメントプレイヤー
PGAトーナメントプレイヤー
1993年プロテスト合格
平成14年京都・滋賀オープン優勝!
■座右の銘
夢に向かって・・・
■ゴルフを始める方へ
心からゴルフを好きになり楽しんで下さい。
■ゴルフをされている方へ
目標達成するための努力を惜しまないように。