私がプロになるまで(熊谷プロ)③

投稿者: 熊谷 則宏

~アプローチ、パターの重要性~
スライスしか出なかったので、飛距離が出ませんでした。
ドライバーで210~220ヤード、5番アイアンで150ヤードぐらいだったのを覚えています。

飛距離が出ないので、セカンドショットはスプーンやクリーク等のウッドクラブを使わざるえませんでした。もちろん、グリーンにのることもほとんどなかったので、アプローチ、パターの練習を徹底的に行い、飛距離のハンディを克服しようとしました。

体が細く小さかったこともあり、飛距離を求めるゴルフでなく、正確で安定したゴルフを目指しました。

このエントリーのトラックバックURL:
http://202.133.127.76/cmt/mt-tb.cgi/227

コメント

このブログを読むとマジですか?と思う反面、「為せば為る。為さねば為らぬ何事も!」とは確かに思います。

私にはまだまだ使う勇気を持てない「幸せの黄色い高級ボール」、山中先生から確かに受け取りました、ありがとうございました。

実は日曜日ゴルフに行ったのですが、(内容だけでなく気候が)寒くて体調が悪くなり、悪寒がして寝込んでおりました。

知らない番号から携帯着信があり、間違いと思っていましたが、留守電をよくよく聞いてみると、な、な、なんとあこがれの?熊谷プロではありませんか(笑)。

で、それを聞いた瞬間には火曜練習は行けないかも、とか思っていたのですが、なんとか火曜までに風邪を治そうと、ホットレモンを飲みまくって汗をかいて、奇跡的に大事に至らず火曜練習に行ったのですが、おられませんでしたね・・・残念。

しかし、ご連絡頂いたことが、励みというか、いい薬になったようで、ありがとうございました。

直近スコアは、その日曜日が96でその前が94でその前が92で平均値としては良くなって来ましたが、やはりまだまだ90を楽に切るのは難しい状態です。

が、せいぜい230ヤードしか飛ばなかったドライバーも
何かの間違いで250~260ヤードぐらい飛ぶ時も1ラウンドに1回ぐらいはあったり、アイアンも比較的安定して来て、白ティーからならあまり力まず普通のヘタクソ程度には回れるようになって来た気がします。

おかしな言い方ですが、山中先生にも報いたいと思いますしこれまで受けたことのない校内テストに次回は参加することを目指してチビチビ頑張っていきます。

コメントありがとうございます。

幸せの黄色い高級ボールは、キャスコのキラボールです。僕のネーム入りなので、どんどんOBを打ってください!?!

『90を切るのは難しい状態』とおっしゃってますが、そんなに難しくありませんよ。ヒントは、山中プロに伝えておきますので、パターマットで連続100球入れることが出来たら、聞いてください。

目をつぶると、姿勢良く、かっこいいスイングでドローボールを打っている小出さんが浮かんできます。是非、次ラウンドご一緒しましょう!エヘッ!(#^.^#)

確かに私のパットはえげつないですので、それだけでも軽く5ストローク以上は減らせる可能性大なのでしょうね・・・

私的には練習ラウンドで熊谷プロに教わったアプローチが一番スコアメイクに効いているように思っています。

それはすぐに結果の出る性質のアップ術だったからかとは思いますが、パットも私のようなえげつない者の場合には、即効性あるものなのかもしれませんね。

本当にレベルの高い人たちにはパットこそ最高に難しい超高精度を求めるものなのでしょうけれど・・・

振り子をお教え頂くのですが、自分的には(実際に他人が見ればそうでもないのかもしれませんが)フォローで打つイメージで打った方が比較的距離感もストロークもマシな気もしないではありません・・・

揺るぎない明確な基本というのはあることでしょうが、まぁドローやフェードやストレートなどの球筋のように、人それぞれ多少の特徴というか好き嫌いというか向き不向きみたいなものもあっていいのでしょうか?

私は習う前までは飛ばないことも含めドローにあこがれて、自己流でめちゃめちゃな構えやスウィングのままどっぷりと体や脳に染み付いてしまった形で100切りまで達してから習いに来ましたので、教わる立場である私ごときが心理的に納得することもスムーズでない場合もありましょうし、解釈の仕方が異なっていたり間違っている場合なんかもあるかもでしょうし、何より教える側の先生も大変そうでご迷惑をおかけして恐縮ではありますが、まぁ仕事と同じで、最終的には全て自分の責任という意識を持ちつつ、いろいろご指導頂いた点を頭に入れ、自分だけの練習の世界で実際に球を打つ中で、それを自分なりに意識していろいろ試すことで、自分なりになんか見えた気がするような喜び(でなく勘違い?)を得てみて、それをまた練習ラウンドで試すことで、また恥をかいたり、あるいは確信できた気がしたりを繰り返しながら、ぼちぼち頑張ります。

ぜひ3月9日以降のいつかの練習ラウンドでお会いできることを楽しみに(というかほんまは超緊張)しております。

コメントありがとうございます。

小出さんのように、1日25時間ゴルフのことを考えている方は、とても多いです。
このようにゴルフの好きな人に、『もっとゴルフは楽しいんだよ』と伝えていくのが、私自身の使命だと思っております。

色んな角度から、ゴルフに接することにより、楽しみ方も増え、スコアアップにもつながると思います。

ただ、練習場でボールを打つ、ラウンドすることだけがゴルフの上達につながるとは限りません。

気候、状況、その時の自分のスコアなど技術以外にメンタルな部分が非常に重要視されるスポーツです。

ミスショットをしても落ち込まず、楽しくわくわくした気持ちで、毎ショットをむかえてみてください。

今日は、プライベートで1.5ラウンドして来ました。

OBや4パットなどでスコアは52、56、46とさっぱりでしたが、ドライバーを飛ばすコツが少し見えた気(勘違い?)がしましたし、実際、よく飛んだと思えるのが結構あり、グリーンエッジまで420ヤードの長めのミドルホールでも
2オンできました(が、4パットで意味なし台無し)。

よく行くコースなので普段より飛んだことはわかります。
ベフ練習ラウンドではみんなが軽く270~280ヤードぐらい飛ばすので常に60~70ヤードは置いてけぼりで、悔しいというより、あきれて笑えてしまいながら、感心しながらも、それを見よう見真似であれこれやってみたりもしながら、もちろんそんな付け焼刃ではさっぱりで、また自分だけの練習で試してみたりするのですが、打放し練習では今イチうまくいかず、今日はドライバーは振らないでおこうかとも思ったのですが、試してみたら結構うまくいき、めっちゃうれしかったです。

今の私はフェアウェイではフェアウェイウッドをちゃんと打てないので、ユーティリティが欲しいと思っていたところ、道具にも詳しい木全先生からも薦められ、年明け早々に購入して、それが(自己努力のおかげもあり?)非常に愛称がよく、新兵器となっており、セカンドショットや狭く短いホールのティーショットなんかでも有効に活躍しておる今日この頃です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

熊谷 則宏

出身地 滋賀県
生年  1970年
身長  172cm
血液型 A型

熊谷 則宏

日本プロゴルフ協会 トーナメントプレイヤー
1998年プロテスト合格
アオノオープンゴルフ2003、優勝!
元高校教諭
1996年、高校日本代表監督を務め、世界ジュニア団体戦を制覇。
■座右の銘
為せば為る。為さねば為らぬ何事も!
■ゴルフを始める方へ
ゴルフは本当に楽しいスポーツです。ゴルフの楽しさ、厳しさを一緒に勉強していきましょう。
■ゴルフをされている方へ
楽しさの中にも厳しさ有り!!
レベルアップできるように今までの経験を活かしてゴルフを伝えていきます。

村上 克佳

出身地 京都府
生年  1971年
身長  164cm
血液型 A型

村上 克佳

日本プロゴルフ協会 トーナメントプレイヤー
PGAトーナメントプレイヤー
1993年プロテスト合格
平成14年京都・滋賀オープン優勝!
■座右の銘
夢に向かって・・・
■ゴルフを始める方へ
心からゴルフを好きになり楽しんで下さい。
■ゴルフをされている方へ
目標達成するための努力を惜しまないように。