私がプロになるまで(熊谷プロ)⑥

投稿者: 熊谷 則宏

そんな恥ずかしいスライスボールを打って、試合に出場するなんて・・・。
親に連れられ、わけもわからず関西ジュニアゴルフ選手権中学生の部に出場してしまいました。
大阪のくずはゴルフコースがその会場でした。
7月の下旬で河川敷のゴルフ場ということもあり、とても暑くて気分が悪くなったことを覚えています。
当時は水分補給などの知識がなく、炎天下の中、ゴルフバックをかついで、飲まず食わずで18ホールプレーをするという今では考えられないような状況でゴルフをしていました。
現在では、いろんな情報が簡単に手に入るので、対策を練ることが出来ます。
熱中症対策には、こまめに水分補給する、帽子をかぶる、日傘をさす等、いろんな方法で身を守ることが出来ます。ゴルフのスコアに集中しすぎて、怪我をしたり、病気になったりするとせっかくの楽しいゴルフが台無しです。体調管理に気をつけてゴルフを楽しみましょう!中学生の時の僕のようにならないように!

私がプロになるまで(熊谷プロ)④

投稿者: 熊谷 則宏

~初めてのラウンド~
初ラウンドは、中学2年生の時でした。
コースは、琵琶湖大橋GCというパブリックのゴルフ場でした。
中コース、南コース、北コースと27ホールあり、すべてまわりました。
出だしのホールでパーを取ったことは、今でも鮮明に覚えています。
スコアは、南コース48、中コース47、北コース52と、初ラウンドの割にはいいスコアでまわれたと父親に言われたことを思い出します。
ショットの練習だけでなく、アプローチ・パターの練習をしっかりしていったことが初ラウンドでの好スコアに結びついたと思います。

私がプロになるまで(熊谷プロ)③

投稿者: 熊谷 則宏

~アプローチ、パターの重要性~
スライスしか出なかったので、飛距離が出ませんでした。
ドライバーで210~220ヤード、5番アイアンで150ヤードぐらいだったのを覚えています。

飛距離が出ないので、セカンドショットはスプーンやクリーク等のウッドクラブを使わざるえませんでした。もちろん、グリーンにのることもほとんどなかったので、アプローチ、パターの練習を徹底的に行い、飛距離のハンディを克服しようとしました。

体が細く小さかったこともあり、飛距離を求めるゴルフでなく、正確で安定したゴルフを目指しました。

私がプロになるまで(熊谷プロ)②

投稿者: 熊谷 則宏

~始めた頃はさんざんでした~
当時は、ウッドはパーシモン、アイアンはマッスルバック、シャフトはスチールと大人向けのクラブを使っていました。現在のように、ジュニア用のクラブ、カーボンシャフト、軽量スチール等のクラブがなかった為、クラブを振るということが一苦労。クラブに振られているという感覚で、打ったボールは、大スライス。
前にいかず、右に曲がっている印象しかありません。右にいかせたくないので、右肩が前に出てアウトサイドインの軌道になり、余計にスライスする羽目になっていました。スイング理論も、現在のよう確立したものがなく、周りのおじさんのアドバイス?を鵜呑みにし、下手の上塗りを重ねていました。
続く。

私がプロになるまで(熊谷プロ)①

投稿者: 熊谷 則宏

~ゴルフを始めたきっかけ~
叔父がゴルフの練習場を経営していたので、小さいころからゴルフをする環境はありました。
しかし、当時ジュニアゴルファーへの理解が薄く、おじさんのスポーツ!というイメージもあり、ゴルフを始めたのは中学2年になってからでした。
同じ練習場にジュニアで活躍している選手もいたこともあり、くずはGCで開催されていたジュニアの試合に出場することを父親に勧められ、本格的にゴルフの練習をするようになりました。
とにかくボールが前に飛ぶように一生懸命やみくもに打っていました。ほとんどゴロばっかりだったので、ボールが空中に上がった時の気持ち良さは今でも覚えています。
続く。

熊谷 則宏

出身地 滋賀県
生年  1970年
身長  172cm
血液型 A型

熊谷 則宏

日本プロゴルフ協会 トーナメントプレイヤー
1998年プロテスト合格
アオノオープンゴルフ2003、優勝!
元高校教諭
1996年、高校日本代表監督を務め、世界ジュニア団体戦を制覇。
■座右の銘
為せば為る。為さねば為らぬ何事も!
■ゴルフを始める方へ
ゴルフは本当に楽しいスポーツです。ゴルフの楽しさ、厳しさを一緒に勉強していきましょう。
■ゴルフをされている方へ
楽しさの中にも厳しさ有り!!
レベルアップできるように今までの経験を活かしてゴルフを伝えていきます。

村上 克佳

出身地 京都府
生年  1971年
身長  164cm
血液型 A型

村上 克佳

日本プロゴルフ協会 トーナメントプレイヤー
PGAトーナメントプレイヤー
1993年プロテスト合格
平成14年京都・滋賀オープン優勝!
■座右の銘
夢に向かって・・・
■ゴルフを始める方へ
心からゴルフを好きになり楽しんで下さい。
■ゴルフをされている方へ
目標達成するための努力を惜しまないように。